簡単な自己紹介。伝説の期間工って誰?

現役期間工ブロガー 30代 イケメン()

職業:期間工兼個人投資家 ブロガー

北海道札幌市で底辺サラリーマンとして生活していましたが、パチスロにどハマりして借金を背負いました。

年収200万円の事務員でしたが、借金の返済と家賃や生活費でいっぱいいっぱいになり

彼女も会社も全て捨てて期間工に転身。

見事4年で貯金1000万円突破し見事復活をはたしました。

その後も期間工を続けながら株式投資を始めて現在は資産1億円突破しています。

期間工の素晴らしさが少しでも伝わるならと2018年7月にブログ運営開始。

ブログ開始3週間で1万PV達成。

趣味:旅行・グルメ・アニメ

投資:株・FX・仮想通貨・不動産

あ、友達募集してます。特に旅が好きな方(期間工関係ないですが笑)

どの辺が伝説なのか?

ネーミングに伝説の期間工とありますが深い意味はありません。

底辺サラリーマンが期間工で貯金し、株取引で1億の資産を作った。

この事実がすごいかどうかはわかりませんが、いつまでも語られるような人になりたいな

と思い伝説とつけました。

伝説と名乗っているのが気にいらない

って人もいるかもしれませんので、とりあえず意味だけおいておきます。

でんせつ
伝説
(その地に根づいて)事実として人々が言い伝える話。

これから期間工を目指す人達にとって少しでも力になれればと思い

つけたニックネームです。

長年期間工やってる人じゃないとわからない事や、聞いてみたい事などがあると思います。

「トヨタの期間工ってどうなのか..あっ伝説に聞いてみよう!」

と期間工情報の橋になれればといいなと思っています。

それ以外にも期間工を長年やってると意外とその部署や組で語られるような伝説を残すことも多々あります笑

ネタ的にブログに織り込んでいきますが、ぜひ読んでいただけたらなと思います。

ブログを描く時のネーミングって意外と重要で

「伝説の期間工」とグーグルなんかで検索すると

ホームページがドンッと1番上に来るようにしたい。

と思ってつけたのですが、今検索するとたぶん1位にでてくるはずです。

「あ、あいつなんだっけ・・。そうだ「伝説の期間工」検索っと・・」

こんな感じにふと思い出した時、検索してホームページ開いてくれたら嬉しいと思います。

あと、記事は最新の注意を払って書いていますが、誤字脱字や矛盾などがありましたらすぐに修正いたしますので

よろしくおねがいいたします。

期間工になった経緯

少し時を遡りますが、学校を卒業した当時は就職氷河期でした。

さらに不景気もかさなり、給料も低いく採用率も当然悪い時代です。

年収も200万ちょいで生活費で苦しいのにも関わらず給料を貰ってはパチスロ三昧。

クレジットカードの枠を使っては返済しての繰り返しでしたがとうとう、借金の返済が間に合わなくなり

夜中はスーパーのレジ打ちをはじめました。

終わるのは夜の0時くらいで、帰ってご飯を食べてお風呂に入って深夜2時にやっと睡眠。

そして朝5時に起きて仕事へ向かう每日でした。

每日眠いし、その影響で仕事中は眠くなりミスの連発。

そんな時にネットで期間工についての記事を偶然みかけました。

「期間従業員で2000万貯金した!証拠画像もほら!」

そんな感じの掲示板だった気がしますが、まさかあれで人生が180度変わるとは思いませんでした。

そのとき初めて期間従業員、期間工の存在を知り、衝撃が走ったのを覚えています。

伝説の期間工がまさに産声を上げる瞬間でした。

調べてみると年収450万で寮費・水道光熱費が無料。

家賃46000円→無料

光熱費30000円→無料

給与20万(年収240万)→35万(年収450万)へ

現在の家賃や光熱費が無料になって年収も200万から450万にあがるとなると

かなり胡散臭い感じがありましたが、どんどん調べるようになりました。

もし本当に年収450万で寮費も水道光熱費も無料なら遊んでても確実に貯金はできるし

人生をやりなおせると思いました。

思い立ったらすぐ行動がモットーなので、早速年収200万ブラック会社に退職届を叩きつけました。

有給休暇を申請し、その間に期間工に応募しようとしましたが

そのまま直接メーカーに応募してしまうと損をすることがあります。

なぜなら入社祝い金が貰えなくなってしまうからです。

紹介会社経由で応募すれば紹介料+メーカー紹介料とダブルで受け取れる会社が多いです。

例 紹介会社A 面接参加5万円+採用15万円+採用工場から10万円

などこんな感じに採用されるメーカーや経由する紹介会社で金額が変わってきます。

人気があって人手が足りているようなメーカーは紹介料は安いです。

人手が足りないメーカーは紹介料はもちろん高くなります。

期間工になるのに不安とかなかったかといいますと

正直不安だらけでした。

当時は寮の情報も、工場の情報も、なんにもない時でしたのでドキドキだったのを覚えています。

それ以上にお金が魅力的でしたし、同級生はほとんど結婚していて自分に失うものなんてないな。

という気持ちがあったのが良かったんだと思います。

今では期間工になって本当に良かったし、あの時決断できて本当に良かったと思っています。

そのまま年収200万円の収入でシュミレーションしてみたのですが

間違いなく貧乏生活・借金生活を今でも送っていたでしょう。

今の時代何が起きるかわかりませんし、若い時にこういった期間工で

がっつり貯金して夢を追ったほうがいい人生になるんじゃないかなと思います。