工場初日地獄の立ち見レッスン開始

寮も住めば都っていうよね?大利根寮の飯もまぁまぁうまいし、ご飯おかわりできる。そしてなにより安い。トヨタなんて一食余裕で700円以上行くよなぁ。スバルはその半額くらい。稼ぎにきたから本当助かるが、EDYにいちいちチャージして支払わないといけない。もちろん現金でも食えるが、トヨタは給与自動引きだったからめんどくせぇし、期間初めての人とかお金あまり持ってこないで入った人はちとつらいよなぁ。

大利根寮
大利根寮正門 手前から1号棟~7号棟くらいまでだった気がする。

寮は快適で仕事もなんかいけそうな気がしたんだが。すぐにそれは幻想だったと気づかされる。

早番だったので4時に起き、顔を洗って食堂へ。すでにカスバ、おっと失礼。スバルの青い制服が大勢いた。元気にいちゃついてる人が10%、一匹狼が80%、不明な人が10%。ヘッドホンつけてる人や、背のでかい奴。金髪ボブヘッド。かわいい男の子までゲフンゲフン、まぁ全員男だ。この人ら全員同じバスじゃねぇよな。。なんて思ってたけど違った。大利根寮は矢島工場行きと大泉工場行きの二手に分かれる。ガチムチで強そうなのは矢島。すらっとした痩せ型の若い人は大泉。に分かれてるような感じがした。そりゃそうだ、、細かい作業が多いランニング型の大泉とガチムチ短距離瞬発型の矢島だぞ..(俺の妄想です。)

工場に到着した時、バスの降りる場所を間違えるととんでもない事になる。まず道がわからない上にでかい!広い!意味不明!な状態で遅刻100%だからな。まだ上司の連絡先もしらんし気をつけたまえ。ちゃんと降りてから地図どおりに、まっすぐ、左、まっすぐ、右と迷路のような工場を進み自分の係りへ。トヨタの時は7人くらいの組だったのに、こっちは数十人いんぞ・・。しかも怖そうな人ってか係長が一番おっかねぇ。絶対怒ったらやばい人だと瞬時に頭を切り替えて猫かぶったのを今でも覚えてる。猫かぶったら俺天才的だからな。主演男優賞ものだ。

ラジオ体操してからなぞの呪文を唱える「異常時トラブル時は止める呼ぶ待つを徹底するヨシ!ゼロ災で行こうヨシ!サンハイ♪」これを毎日唱えなくてはならない。そして自己紹介がはじまった。班長が「えー、期間従業員が入りました、みなさんよろしくです。なにか一言」でた!なにか一言。ここはウケを狙ったほうがいいのか・・いやしかし!猫かぶったモードだから自然に行くか。「あ、ども北海道から来ました。よろしくおねがいします。」無難に自己紹介が終わった。でもなんかみんな年齢層が高め・・?しかもみんな言い人そうだ。よかった。まずは班長に呼ばれて標準作業書となんか勉強をした。簡単なペーパーテストもあるっぽい。それが終わったら自分の持ち場を紹介されて、作業をずっと見てるようにとの事。

なんだ最初はそうだよな。。

楽勝やんけ、楽に日給フライングゲット♪そう思った過去俺をぶん殴りたい。

プロパー(正社員)が無言で何時間も磁具というガンダムみたいな機械に一心不乱にパーツをセットしている。そう、何を隠そう私もパーツセットマンだったのだ。すでにご存知の人もいるかもしれないが有名な期間工ブロガーにパーツセットマンがいた。私はその後輩にあたるのをその時は知らなかった。(毎日のバスの中でパーセットマンブログを見ては、本当に助けられた覚えがある。)ちなみに課と係りは全然違うと思われる。絶対俺の方がきつい場所だった。

茶髪の先輩プロパーがしっかり教えてくれるからな!絶対ケガとかすんなよ!あと、暑いから倒れんなよ!そう班長に言われて先輩プロパーとマンツーマンで教わることになった。まぁ最初はみてるだけ、しかしあの図体でよくあんな運動量を・・てかあの部品くそ重そう。いやてか時間進むの遅くね?まだ10分しか・・この日は1.5時間の残業。ほぼ毎日1.5時間+休出2日というふざけたような勤務体制だった。その時はまだ5月で、真夏の群馬の恐ろしさを体験するのはもっと先の事である。

つ、つらい・・。

なぜだ、ただ見てるだけなのにずっと立ってるのきつい。しんどい。てか俺にも作業やらせてくれ・・!いっそ動いてた方が・・!ずっと先輩のパーツセットをみてるだけで終わった。足の裏が痛すぎてやばい。これは恥ずかしがってシャワーで済ませるとかそんな甘い考えは捨てるんだ!絶対にぽこ○ん丸出しで湯船に入って足もんだほうがいい。5月といえども汗が尋常じゃない。やっぱ肉体労働はきちぃなぁ。

この足の裏の痛みまじでどうすっかと考えて先輩とかに相談したら足のソールを変えたほうがいいとの事。最初の支給品で頑張ってるツワモノもいるけど、大抵の人は変えたら楽になったが大多数。

立ち仕事ってそんなもんか・・。ラインがこんなにきついなんて思わなかったぜよ。いや、いやいや!忘れてたけどスーパーのレジ打ちも確かにきつかったわ・・。スーパーのレジ打ち時給800円よりはましだな。少し救われた。


あと尋常じゃない汗はクールドライタイプ(速汗乾タイプ)のシャツで対策可能。まずこのシャツあればべちょべちょにはならない。普通のシャツじゃ汗でべちょべちょで重くなるし、気持ち悪いからな。においも気になるし。女の子全然いないとは言え1%はおるから。スメルハラスメントで訴えられたら嫌じゃん。何より働きやすい装備は仕事が楽になる。あと支給された靴がやたら重い。係りによっちゃ市販の安全靴でもOKな部署があるが、俺のとこは青い安全靴(売店靴)か最初の支給されたのしか駄目だった。まじファック。市販のOKなら超軽量の安全靴あったのになぁ。まぁそのへんは自分の係りに聞いてみて。OKな部署もあるんだってさ。

こうして地獄の立ち見レッスンが配属初日が終わった。つづく


期間工ブログランキング いつも応援ありがとうございます♪