【伝説の配達員】月収100万稼いだUber Eats(ウーバーイーツ)がやばい!稼げるコツや登録方法をブログで紹介

こんにちは、伝説の期間工ほげみんです!

最近、期間工よりUber Eatsの方が人気らしく本当に稼げるのか、運動がてら実際に働いてみました。

いやー期間工を辞めた時は60kgだったのが、なぜか知らないけど2年で80kgになってしまいました..。

まさに伝説の豚です(ブヒーッ)

3カ月くらい運動と観光とブログネタの為に愛知か九州で期間工に戻って仕事しようと思ってたんですが、例のコ〇ナで断念しました。

株価も乱高下で数百万損したり儲かったりを毎日繰り返し、ネトゲに300万課金したりひどい(幸せな)1年でした(THEひきこもり)

そんな生活をしていたら「太った理由がUber EatsならUber Eatsで痩せようじゃないか!」と、1日1時間でもいいのでやってみようと思ったんですよね。

出前はよく利用するのですが、寿司注文したら配達パートナーはいくら貰えるのか気になります。

どうせ稼げても月に数万くらいがいいとこでしょ・・(ブヒーッ)

と思ってスマホで調べたらUber Eats(ウーバーイーツ)で月収100万円稼いだ人を発見しました。

この方は大村達郎( @tatsuro_omura )さんという方で伝説の配達パートナーとも呼ばれています。

  • 4月27日~5月4日まで77,069円
  • 5月4日~5月11日まで236,759円
  • 5月11日~5月18日まで232,249円
  • 5月18日~5月25日まで235,241円
  • 5月25日~6月11日まで220,338円

1カ月で約100万円以上の稼ぎとかやばすぎ

※これは2020年5月の東京都内の収入ですので、報酬は時間、地域、プロモーションによって異なりますがかなり夢のある仕事だというのがわかります。

私は期間工する前、新聞配達してましたけど朝刊毎日配って月7万とかでしたからね。

  • 雇われながら仕事したくない
  • 自分だけで気楽に稼ぎたい
  • スキルないけど、空き時間に副業したい

そんな方に向いている仕事だと思いました。

そこで今回は期間工ではなくUber Eatsに焦点を向けた記事です。

  1. Uber Eatsの仕事内容
  2. 報酬金額
  3. 稼ぐ為のコツ
  4. Uber Eats(ウーバーイーツ)の始め方
  5. 期間工とUber Eats(ウーバーイーツ)比較

こんな感じで実際に働いてみた体験談とUber Eats(ウーバーイーツ)の始め方を解説していきたいと思います。

>>>Uber Eats 配達パートナーの登録詳細はこちら

そもそもUber Eats(ウーバーイーツ)ってなに?仕事内容は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、ファーストフード店から行列のできるレストランまで、アプリやウェブサイトから簡単にお好きな料理を注文できる、最新のフードデリバリーサービスです。

レストランやファーストフード店に出前の注文が入ると、お店に一番近い人に配達の予約が入るシステム。

注文が入らない地域にいてもお金を稼ぐ事はできませんので、働く場所や地域、お店が近い場所に待機するなどの工夫が求められます。

特にマクドナルドや吉野家、すき家、松屋、タピオカミルクティーなどが注文入りやすいので、田んぼしかない田舎だと月収100万どころか、1円も稼げません。(そもそも注文ができない等)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事の手順

  1. 仕事開始する時はUber Eats専門のアプリで仕事モードオン、仕事モードオフで切り替える。
  2. 仕事モードオンの時に仕事が入ると、お店の注文番号、お店までの地図が表示される(GPS)
  3. お店に行って「注文番号」で商品を受け取り、配達ボタンを押すと配達する家の地図が表示される(GPS)
  4. 商品を届けて報酬GET

仕事はこれだけなので超簡単。

※現在は新制度で最初から報酬予定金額、合計の距離、時間、レストラン名、届け先の住所が全てわかるようになりました。

スキルがなくても知らない街でもGPSの地図を頼れば簡単に仕事できるので、簡単にお金を稼ぐ事ができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法

>>>Uber Eats 配達パートナーの登録詳細はこちら

  1. 公式Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーでアカウントを登録する。
  2. オンラインで書類提出

配達パートナーになるのも簡単でアカウント作るだけ。

登録に必要な書類

自転車の場合:

  • 身分証明書
  • プロフィール写真

原付バイク(125cc 以下)の場合

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証書
  • ナンバープレートの写真

軽自動車やバイク(125cc超)の場合

  • 運転免許証(車検証または軽自動車届出済証 -自賠責保険証 -任意保険または自動車共済証書 -ナンバープレートの写真 -プロフィール写真)

Uber Eats(ウーバーイーツ)は保険も充実しているから事故っても安心

出典:Uber Japan

日本のUber Eats配達パートナーに対して手厚い保険も準備されている。

Uber Eats と三井住友海上火災保険の包括連携協定

配達中の対人・対物賠償責任保険および、配達パートナーへの傷害補償制度を提供しているから安心できますね

従来の対人・対物賠償責任保険に加えて、配達中の事故により配達パートナー自身が傷害を負った場合に、医療費や入院費などの見舞金を補償します。なお、 2020 年 10 月 1 日より本傷害補償制度の補償内容を拡充いたします。

本プログラムは、配達中(自転車・原付バイク・バイク・軽自動車を利用する Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルするまでの間)に生じた事故に対して適用されます。

本プログラムに関する事前申し込みや、追加料金のお支払いは必要ありません。 万が一、配達中に事故に遭われた場合は、警察およびサポートセンターまでご連絡ください。事故の報告を受け次第、専任チームが対応いたします。

対人・対物賠償責任の保障

  • 配達中の事故により、他人を死傷させたり、他人の物品を壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償。(補償額には1億円の上限
  • 配達中の事故により配達パートナー自身が傷害を負った場合に、医療費や入院費などの見舞金を補償。

>>>Uber Eats 配達パートナーの登録詳細はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット

メリット

  1. 登録が簡単
  2. シフトがない自由な仕事
  3. 週単位でお金が手に入る
  4. 運動しながら稼げる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の良い所は、自由に働けるという事。

自分は株取引をしていますので、パソコンに向かう時は向かって、自由になったらUber Eats(ウーバーイーツ)で運動しています。

気分が乗らない時とか、ゲームで忙しい時はもちろんやりません。

また、週単位でお金が手に入るのもいいですね~

期間工とかは月末締めの良く付き15日払い、25日払いとかなので2か月くらい待たないとお金が手に入りません。

運動しながら気分転換になりますし、何よりいつでも辞めていいという最高の仕事です。

デメリット

  1. 配達が難しい場所
  2. 商品を受け取らないと配達先がわからなかった(今は最初からわかる)
  3. 自転車の故障
  4. 途中から雨
  5. 飽きる

Uber Eats(ウーバーイーツ)をやってて帰りたくなる時はあります。

まず、配達が面倒な場所って結構あるんですよね。

例えば、オフィス街とか都心部の複雑な商店街。

あとは、公園とか大雑把な配達先は血管ブチぎれそうになります(ブヒーッ)

今は新制度で事前に住所もレストラン名もわかりますが、以前は商品を受け取らないと、どこに配達するのかわからないのがデメリットでした。

うわ、ススキノとか行きたくねーっても受けてしまったら行かないといけないので。東京なら歌舞伎町とか?

あと、自転車のパンクとか故障、雨が降ったとき時とかは最悪ですね。

商品を届けなくてもペナルティはないんですが、自分の評価が下がります。(何度も星1付けられると注文入りづらくなるから結局デメリット)

そして最大のデメリットは飽きるという事です。

これは経験者しかわからないと思いますが、「まーたあそこかよ!」と毎日配達してると飽きます。とくにUber Eats以外でお金稼いでいる人は速攻で飽きます。

>>>Uber Eats 配達パートナーの登録詳細はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)はどれくらい稼げる?報酬や時給

※「報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります」

んで、一番重要な事言いますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は料金改定がありました。

新料金改定になってからUber Eats(ウーバーイーツ)は稼げなくなったなど言われていましたが、実際に新料金になって稼げるようになったという地域が多くなっているように感じます。

簡単に説明すると「誰でもやれそうなショート注文は報酬を下げて、人気のないロング注文は報酬を上げる。料理作って待たされたら売上上乗せ」という制度。

なので、地方とか距離が多くて、バイクや軽貨物の人が稼ぎやすくなったと私は思ってます。

動画のように都内でも週10万円稼いでいる人はたくさんいます。

5月10日から距離のみで計算されていた報酬が「距離と時間で決まる料金ベース」として全国に導入されました。

都内じゃなくても1時間の平均単価1万円弱という方が多いです。

さすがに東京都内じゃないので月100万円は無理そうですが、ある程度の都市部では月に30万円、40万円くらいは許容範囲だと思います。(自分は札幌です)

福岡や神奈川あたりでも1日1万~1万5千円はいけてますので、やっぱり新料金体制でも普通に稼げてます。

>>>Uber Eats 配達パートナーの登録詳細はこちら

新料金Uber Eatsで稼ぐコツ

新料金改定後は事前にお店や配達場所、そして報酬予定額が予めわかるようになりました。

旧料金はやっぱり、配達ロスをなくして回数をこなす事が重要でしたが、

注文が入ったら報酬が表示されるので、報酬が低かったら蹴る事が可能になったという事

新料金最高の瞬間です。距離のわりに安かったら、他の人に任せて高い報酬を回るという事もできるようになったのです。

まぁ、それでも回数こなせばお金は手に入るので低くてもどんどん受け取るスタンスの方が良い地域もありますので、そこは経験して学んでいくしかないですね。

配達パートナーが少なければ配達調整金額が上がるので、地方はさらに有利になりました。

>>>Uber Eats 配達パートナーの登録詳細はこちら

期間工とUber Eats(ウーバーイーツ)どっちが稼げる?

経験者の私から言うと、どっちも稼げるというのが本音です。

期間工は出稼ぎの王道で年収400万~450万で寮費無料・水道光熱費無料です。

安定して稼げて日本最大企業の正社員になれる可能性があるのもメリットですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は地元で自由にお金を稼げるメリットがあります。

どちらもお金を稼ぐという部類ではとても優秀ですし、Uber Eats(ウーバーイーツ)は個人事業ですので全て自己責任ですが、期間工はなんだかんだ言っても大企業で働くので有給休暇や満了金、休業手当など充実しています。

どちらも将来性があるかと言われるとそうでもないので、五分五分の戦いだと思います。

結局はお金稼ぎのツールでしかない為、お金を貯めてから何をするかで変わってきます。

期間工は1年で200万~300万貯金できますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)で1年で200万~300万貯金は実家暮らしとか家賃がかからないとかじゃないと厳しいです。

期間工は寮生活ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は実家とか自分で生活できるメリットもあります。

どちらもメリットデメリットは異なるので、今の自分の環境を考えて好きな方を選べばいいと思います。

期間工は観光とかもできるから最高なんですけど、緊急事態宣言とかでてると行く気失せるというのもありますよね笑

Uber Eats(ウーバーイーツ)は比較的新しい仕事ですし、保険も手厚いで今の内に経験積んでおくというのも結構有りだと思います。

まぁUber Eats(ウーバーイーツ)がない田舎なら期間工一択ですね。

>>>Uber Eats 配達パートナーの登録詳細はこちら

女性でも楽しくできるし、クエストやブーストなどのインセンティブで報酬アップ

ブーストやクエストってなんのこっちゃ?って話なんですが、簡単に説明してきます。

ブースト報酬とは?

ブーストとは、配達エリアに登場する「×1.3倍」「×2倍」など報酬がアップするインセンティブの事です。

この報酬が適用されている間は報酬が増えますので美味しい時間帯になります。

ただし、時間帯による変動制ですのでランチやディナーなど忙しい時間帯や配達パートナーが少ない時に高倍率になります。

クエスト報酬とは?

クエストとは、不定期で発生するインセンティブのこと

MMORPGなどのゲームやスマホゲームでお馴染みのクエストと同じで、定期的にクエストが発生します。

  1. 制限以内に配達件数が指定件数以上だとボーナス
  2. 数日間で配達件数が指定件数以上だとボーナス

こんな感じで達成型のクエストが多く、達成できればインセンティブが手に入ります。

仕事にクエストとか結構楽しいですよ!

>>>Uber Eats 配達パートナーの登録詳細はこちら

まとめ

ここまでUber Eats(ウーバーイーツ)について説明してきましたが、興味がある人も結構いるんじゃないでしょうか?

「ブースト」や「クエスト」だけをこなしてもそれなりの報酬になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は雇用関係ではないので、確定申告や社会保険なども全て自分で対応しないといけませんが、個人事業主、一人社長としてまた違った人生の楽しみ方ができるかもしれません。

そう考えるとUber Eats(ウーバーイーツ)は個人タクシーに似ているかもしれませんね。

やればやるだけ収入はあがりますし、自分の好きな時間に働いて、自分の好きな時に休みを取る。

雇用が悪いとは言いませんが、今後はこういった新スタイルの職業がどんどん増えていくと思います。

ユーチューバーも新スタイルの職業ですし、今後雇用に支配されない自由な生き方が主流になるかもしれないですね。

私は期間工で1000万貯めて、株投資で生きていくという選択を取りましたが、最近はAI取引が盛んで個人では瞬発力じゃ敵いません。

AIはどんどん進化して普及しますし、5Gや自動運転で仕事が減る職業も今後たくさんでてきます。

時代は刻々と変化します。

トレンドに乗って行動する勇気を持ち、自分自身も進化していかないと時代に取り残されて稼げなくなる日もそう遠くないのかもしれません。

>>>Uber Eats 配達パートナーの登録詳細はこちら