MENU
カテゴリー
入社特典最大120万!面接予約開始詳細はコチラ

期間工と派遣社員って何が違うの?代表的な違いを6つ紹介!

期間工と派遣社員を同じものだと考えてしまっている方は意外とたくさんいます。 

ただ、正確に言うと両社は全くの別物です。 

これらの違いを理解していなくても、派遣社員あるいは期間工として働くことはできますが、何らかのトラブルが発生した際にややこしくなってしまうことがありますので、事前に知識を習得しておくことをおすすめします。 

期間工

この記事で、期間工と派遣社員の代表的な違いを6つ紹介していきますので、これから期間工あるいは派遣社員として働きたいと思っている方は、是非最後まで読んでみてください。 

\ 入社特典最大120万円 /

目次

入社特典最大120万円

期間工の仕事に興味がある方は、期間工紹介会社(派遣会社)の担当者に最新の期間工情報を聞いてみることをおすすめします。

期間工の紹介会社(派遣会社)はこれまで何千人~何万人と自動車メーカーとタッグを組んで人材を確保してきました。

ですので、期間工の経験者から古い情報を集めるより寮や残業など最新の期間工情報をプロの担当者から聞いた方が何百倍も有益です。

  • 「あのメーカーは今残業がほとんどないから全然稼げない」
  • 「この求人は平均年収450万で離職率は〇%」
  • 「新規募集なのでこのメーカーは一番採用されやすい」
  • 「この企業は集団寮で汚いけど、こっちはきれいなワンルームアパート」

と言った裏情報まで教えてくれますし、採用のサポートまでしてくれます。

入社するだけで60万円の入社祝い金や最大120万円の入社特典が貰える企業もありますので、稼げる求人が無くなる前に相談してみましょう。

入社祝い金をGETしよう!

入社特典

入社祝い金

▲期間工に詳しいプロに相談▲

期間工と派遣社員の代表的な違いは? 

では早速、期間工と派遣社員の代表的な違いについて、詳しく見ていきましょう。 

雇用主 

期間工と派遣社員は、雇用主が違います。 

派遣社員の場合は、勤務している会社から直接雇われているわけではなく、派遣会社と雇用契約を結び、今の勤務先に「派遣」されているだけという扱いになります。 

つまり、雇用主は派遣会社となり、給料の支払いや福利厚生なども派遣会社のものが適用されることになります。 

一方、期間工というのはメーカーと直接契約を結ぶ形式が一般的となり、基本的には給料も福利厚生も、勤務しているメーカーのものが適用となります。 

派遣会社などからの中抜きも一切なく、全て自分の取り分となりますので、安心して働くことができると言えるでしょう。 

また、派遣会社が運営している求人サイトから期間工に応募することも可能です。 

「派遣会社のサイトから応募しているのだから、雇用主は派遣会社でしょ?」 

と考える方もいるのですが、これにも少しからくりがあります。 

派遣会社はあくまでも、期間工を募集しているメーカーを紹介するだけであって、雇用契約についてはメーカーと直接結ぶ形になります。 

手当 

期間工と派遣社員では、手当の有無や支給額についても違いが出てきます。 

派遣社員の時給と期間工の日当を比較すると、表面的には派遣社員の給料の方が高くなりやすいです。 

ただし、派遣社員は、 

  • 基本給 
  • 残業代 

しか受け取ることができないのに対し、期間工はこれらの報酬に加えて、様々な手当を受け取ることができるのです。 

このようなことから、長い目で見ると、派遣社員よりも期間工の方が手厚い待遇を受けられると言えるでしょう。 

失業保険受給期間 

失業保険の受給期間についても、派遣社員と期間工で大きな違いがあります。 

結論から言ってしまうと、期間工の方が派遣社員よりも早く失業保険を受け取ることができるのです。 

派遣社員の場合は、紹介された勤務先での勤務期間が満了すると、次の職場を紹介されます。 

この段階で退職を申請してしまうと、 

「次の仕事があるにもかかわらず退職した」 

とみなされてしまうため、自己都合での退職扱いになります。 

こうなると、失業保険を受け取るまでに3か月の期間が必要になってしまうのです。 

一方期間工の場合は、期間が満了したタイミングで退職をすることで、「満了退職」扱いとなるため、1か月後には失業保険が受け取れるようになります。 

また、素早く失業保険を受け取れるようになるだけではなく、 

  • 満了慰労金 
  • 報奨金 

などを受け取れる可能性もあるのです。 

 

派遣社員として働く場合、寮に入れる制度などはほとんどないと思ってよいでしょう。 

基本的には自宅から通う形となり、家賃や生活費などを全て実費で賄う必要があります。 

中には寮付きの求人などもあるのですが、比較的少数派と言えますので注意しましょう。 

期間工の場合は、ほとんどの確率で寮に入ることができます。 

メーカーによっては、寮費が無料だったり、食費のサポートがついていたりすることがありますので、生活費を大幅に削減しながらお金を貯めていくことができるのです。 

勤務体系 

期間工と派遣社員は、勤務体系にも違いがあります。 

派遣社員はシフト制になることが多いのに対し、期間工はカレンダー通りのスケジュールになることが多いです。 

期間工には、 

  • ゴールデンウィーク 
  • お盆 
  • 年末年始 

などの休暇がしっかり設けられているのに対し、派遣社員はシフト制になるため、土日も稼働しなければならなくなることがあります。 

ただ、これには一長一短があり、自分で働く時間を決めたいという方はシフト制を採用している派遣社員、 カレンダー通りに働きたいと考えている方や、連休が欲しいと考えている方は期間工を選ぶ方が良いでしょう。 

人間関係 

人間関係については、その時の状況次第ですので何とも言えない部分があるのですが、短期の派遣社員についてはよそ者扱いされるケースもあります。 

ただ、一概に断言することはできず、工場の雰囲気や一緒に仕事を行うメンバーによっては、アットホームな環境を作ってくれることもあるでしょう。 

期間工については、あらかじめ働ける期間が決まっており、全国からたくさんの人が集まってくるため、人間関係が複雑になりやすいです。 

ただ、最低限のコミュニケーションスキルを身に着けて、上手に渡り歩くことができれば、楽しく快適に働くことが可能と言えます。 

このように、人間関係については派遣社員と期間工の違いというよりは、職場による違いになりますので、 

  • 派遣社員=周囲の人が冷たい 
  • 期間工=人間関係が最悪 

という固定観念は持たないようにしましょう。 

\ 入社特典最大120万円 /

期間工がおすすめなのはどんな人? 

では次に、期間工がおすすめの方の特徴について詳しく解説していきます。 

解雇の不安を軽減したい人 

解雇の不安を少しでも軽減したいという方には、期間工がおすすめです。 

冒頭でも解説したように、期間工というのはメーカーからの直接雇用となります。 

一方、派遣社員というのは派遣会社に雇用されているため、メーカーからすると間接雇用という形になるのです。 

不況が訪れた際、あるいは業績が落ちた際に、どちらが先に着られるかと言えば、間接雇用である派遣社員です。 

「派遣切り」という言葉は聞いたことがありますよね。 

このように、急に会社から首を切られるリスクを軽減しながら働きたいと思っているのであれば、期間工を選ぶようにしましょう。 

正社員になりたいと思っている人 

正社員になりたいと考えている方にも、期間工がおすすめです。 

期間工というのは、あくまでも非正規雇用ですが、能力が認められると正社員へのステップアップも可能になります。 

派遣社員についても、正社員にステップアップすることができるのですが、どうしても関節雇用になるため、正規雇用までのハードルが高くなりやすいのです。 

失業保険をすぐに貰いたいと思っている人 

失業保険を早く受け取りたいと考えている方にも、期間工がおすすめです。 

期間満了で退職をすることで、1か月後には失業保険を受け取れるようになります。 

失業保険というのは、生活にかかわる資金でもあるため、できるだけ早く受け取りたいものですよね。 

「3か月も待てない」 

「すぐに振り込んでもらえないと生活が苦しい」 

という方は、期間工を選んでみると良いでしょう。 

派遣社員がおすすめなのはどんな人? 

次に、派遣社員がおすすめの方の特徴について詳しく解説していきます。 

少しでも多く稼ぎたい人 

先ほども解説したように、派遣社員と期間工の給料を日当換算すると、派遣社員の方が高くなります。 

そのため、より多く稼ぐことにフォーカスをしている方は、派遣社員の方が良いと言えるでしょう。 

短期間の就労を予定している人 

3か月から6か月ほどの短期間就労を予定している方は、期間工よりも派遣社員の方が稼げる可能性が高いです。 

ただ、長期的な就労を検討している場合は、 

  • 満了慰労金 
  • 報奨金 

などが発生する期間工の方がお得と言えますので、じっくり考えてみましょう。 

まとめ 

期間工と派遣社員を混同してしまっている方は意外とたくさんいます。 

ただ、今回紹介したように派遣社員と期間工には大きな違いがいくつもあり、メリットやデメリットも異なります。 

これから期間工あるいは派遣社員としての就労を検討している方は、今回紹介したことをしっかりと頭に入れながら、自分に合った働き方を見つけてみてください。 

募集状況期間工.jp日総工産
メーカー入社祝い金入社特典
トヨタ東日本募集なし120万
豊田自動織機35万募集なし
トヨタ40万40万
スバル55万55万
ホンダ募集なし 募集なし
トヨタ九州40万90万
マツダ募集なし 募集なし
トヨタ車体募集なし 110万
日産(横浜)募集あり 募集あり
日産(いわき)50万50万
日産(湘南)30 20万
日産車体(九州)40 40万
日産車体(京都)募集なし 募集なし
スズキ10万 10万
いすゞ15万 募集なし
日産九州70万60万
ダイハツ募集あり 60万
三菱募集なし 57万
ブリジストン募集あり 募集なし
ジヤトコ募集あり 募集あり

入社祝い金をGETしよう!

入社特典

入社祝い金

※入社祝い金の中には、寮費や各種手当などの特典が含まれているメーカーもあります。
※出来るだけ最新情報を心がけていますが募集状況や特典は日々変化しますので応募前に必ずご確認ください

当サイト申し込み人気期間工ランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる