MENU
カテゴリー

期間工は一生やり続ける仕事ではない?期間工を無限ループしてしまう人の特徴は?

期間工は一生やり続ける仕事ではない?期間工を無限ループしてしまう人の特徴は?

期間工に興味を持っている方の中には、 

「どれくらい続けていい物なのかな」 

「期間工はやらない方がいいって聞くけど・・・」 

というような悩みや不安を抱えている方がたくさんいるでしょう。 

結論から言ってしまうと、期間工自体は決して悪い仕事ではありませんが、一生続けるのには向いていな仕事です。 

期間工

この記事では、なぜ期間工を一生続けてはいけないのか、期間工を無限ループしてしまう方の特徴とは何なのかということについて、詳しく解説していきます。 

\ 入社特典最大140万円 /

目次

期間工は一生やり続ける仕事ではないと言われる理由 

まずは、 

「期間工は一生やり続ける仕事ではない」 

と言われる3つの理由について、詳しく見ていきましょう。 

体力的に続かない 

期間工に興味を持っている方であれば知っているかもしれませんが、期間工は短期間で効率的に稼げる魅力的な仕事です。 

ただ、仕事内容がハードになりやすいため、年齢を重ねるごとにきつさが増していきます。 

実際には40歳になっても50歳になっても期間工に挑戦することができるのですが、人間の体力的に考えると、長くは続けられないというのが期間工の現実です。 

また、期間工を採用するメーカー側も、健康診断や体力測定などを徹底して行っているため、 

「この人は体力的に厳しそうだな」 

と判断されてしまった場合には、落とされてしまう可能性も高くなります。 

スキルや経歴に結びつかない 

期間工は、「学歴不問未経験可」の仕事の中では、かなり稼げる部類に入ります。 

寮に入ることもできますので、生活費をグッと抑えることも可能になるのです。 

ただし、特別なスキルや知識を身に着けられるわけではないため、キャリアの向上や経歴に結びつかないこともあります。 

数年間というスパンであれば問題ないかもしれませんが、長期間期間工を続けてしまうと、特別なスキルや経験を身につけないまま年齢を重ねることになってしまうため、転職が不利になる可能性もあるのです。 

絶対に契約更新してもらえるとは限らない 

期間工というのは、その名の通り期間限定の従業員です。 

あらかじめ期間を定められ、その間は何事もなく働くことが可能です。 

ただ、期間が満了するタイミングで「更新するかどうか」の判断が下されます。 

能力や勤務態度を評価してもらうことができれば、期間を更新してもらえるため、再度期間工として一定期間働けるようになります。 

ただし、必ず更新してもらえるという保証はどこにもなく、 

  • 自分より良い人材が入ってきた 
  • 景気が悪くなってきた 
  • 会社の業績が落ちている 

このような理由から、契約を切られてしまうこともあるのです。 

こうなってしまうと、再び転職活動をしなければならなくなり、年齢を重ねていればいるほど転職のハードルが高くなります。 

また、仮に契約を更新してもらえたとしても、数年後に再び「魔の契約更新期間」がやってきますので、毎回ハラハラドキドキすることになるでしょう。 

期間工を無限ループしてしまう人の特徴は? 

では次に、期間工を無限ループしてしまう方の特徴について詳しく解説していきます。 

お金にルーズ 

期間工というのは、効率よく稼ぐには最適の仕事と言えます。 

なぜなら、 

  • 給料が高い 
  • 満了慰労金や報奨金が出る 
  • 寮に入れるため生活費が浮く 

というような特典があるからです。 

ただ、期間工として働いている方の中には、このようなメリットを悪用してしまう方がいます。 

例えば、 

  • 浮いた生活費をギャンブルにつぎ込む 
  • 「来月も高い給料をもらえるから」と散財する 

などです。 

このようなお金にルーズな方は、どうしても期間工から抜け出すことができず、無限ループしてしまいやすくなります。 

人生における目的や目標がない 

人生における目的や目標がない方も、期間工を無限ループしやすいと言えます。 

「目的や目標を探す間、期間工として働いてお金を貯めよう」 

これは決して悪いことではありません。 

ただ、いつまで経っても目的や目標を見つけられず、 

「今が良ければいいや」 

という考えになってしまうと、いつまで経っても期間工から抜け出せなくなってしまうのです。 

スキルを身に付けようとしていない 

先ほども解説したように、期間工は特別なスキルや知識を身に着けるには向いていない仕事と言えます。 

もちろん、 

  • 大手メーカーで仕事をした 
  • 仕事の効率化スキルを身に着けた 

というのは自分の中での強みになりますが、それ以上のスキルや知識は身につけにくいです。 

いつまでもスキルや知識を身に付けようとしない場合、期間工以外の仕事で使い物にならなくなってしまう可能性があります。 

このようなことを防ぐためにも、期間工として働きながら資格の勉強をしたり、専門分野の勉強をしたりするようにしましょう。 

正社員にマイナスイメージを持っている 

期間工として働いている方の中には、 

「正社員なんてやってられないよ」 

「給料が低いのに安もないなんて、それなら期間工の方が100倍ましだ」 

と考えている方もいます。 

確かに、給料の面あるいは環境の面では期間工の方が優れているかもしれません。 

ただ、あくまでも「短期的にみれば」の話です。 

正社員は、契約更新期間にハラハラする必要もありませんし、会社から守ってもらいやすい立場にいます。 

期間工は、厳密に言えば非正規雇用になりますので、どうしても不安定さが際立ってしまうのです。 

このような本質に気づかず、 

「社員なんてデメリットしかない」 

と思っている方は、期間工から抜け出しにくくなってしまうでしょう。 

マインドブロックしている 

期間工として働いている方の中には、 

「自分なんて期間工で十分だ」 

「自分が正社員になるなんて無理だ」 

とネガティブな考えを持ってしまっている方もいます。 

このようにマインドブロックをしてしまっていると、何事にも挑戦できなくなりますし、 

「どうせ~」 

「今さら~」 

というような言葉が口癖になってしまいます。 

これも期間工から抜け出せなくなる原因となりますので、注意が必要です。 

期間工として働く時に意識すべきこと 

最後に、期間工として働く時に意識すべきことを3つだけ紹介していきます。 

期間を決める 

勘違いしてほしくないのですが、期間工というのは一部を見ればかなり魅力的な仕事と言えます。 

製造業の中では比較的高い報酬をもらうことができますし、寮に入って生活費を節約することもできるからです。 

ただし、いつまでもその甘い汁を吸っていると、気づいたころには期間工にどっぷりはまってしまう可能性が高くなりますので、 

「2年間」 

「4年間」 

というように、期間を決めて働くようにしましょう。 

期間工として働きながら勉強をする 

先ほども解説したように、期間工として働いた後の人生をより良いものにするためには、期間工として働きながら勉強をすることが大切です。 

例えば、 

  • 資格の勉強 
  • プログラミングの勉強 
  • 動画編集の勉強 
  • 料理の勉強 

など、何でも構いません。 

期間工として働きながらの勉強になるため、決して簡単とは言えませんし、自分との闘いになります。 

ただ、あえて大変な道を選んでおくことで、期間満了のタイミング、あるいは契約を切られてしまったタイミングで蜜を吸うことができるのです。 

とにかくお金を貯める 

期間工最大のメリットは、効率的に稼げることです。 

ただ、この魅力を最大限に活かせていない方が圧倒的に多いです。 

期間工として働くと決めたのであれば、たとえお金に余裕が生まれたとしても、決して散在することなくコツコツ貯金してください。 

そうすることで、次のキャリアプランを形成しやすくなるはずです。 

まとめ 

期間工というのは決して悪い仕事ではなく、たくさんの魅力がある仕事です。 

ただし、一生続けるには不向きの仕事と言えます。 

期間工として働いている方の中には、期間工の魅力である「稼げる」というメリットを悪用してしまい、どんどん深みにはまってしまう方がいます。 

これは非常にもったいないことですし、リスクの高い行為ですので、今回紹介したことを参考にしながら、「期間工」という仕事を自分のキャリアにおける踏み台にできるように努力していきましょう。 

当サイト申し込み人気期間工ランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次